シミの防止 日焼け止め ベタベタ サラサラ 紫外線対策 塗り直しが必要ない

もともと日焼けはほとんどしない体質で、赤くなって終わってしまうタイプでした。なので30代前半まではほとんど何もしませんでした。いま思うともう少しやっておけば良かったのですが。
そんな私でしたが、アラフォーになって顔に見慣れぬシミが増えてきたことに気づきます。しかもある事情により、紫外線は特に気をつけなければいけない体質に変化してしまっていました。これはまずいということで、本格的に日焼け止め選びを始めました。
私はベタベタしたり、皮膚がふさがれている感じのするものが苦手なので、まずはサラサラとした使い心地のものを選びました。ビオレやニベアのUVクリームは、短時間の外出なら問題なく使用できるいい商品だと思います。

 

使い心地が軽い日焼け止め

コスパもいいので惜しみなく使うことができます。日差しが強くなる5月くらいから、外に出かけるときはほぼ必ず塗るようにしています。ただ使い心地が軽いので、長時間の外出に不安を感じるようになりました。特に炎天下などて日傘をあまり持ちたくない(荷物を増やしたくない)私にとっては、少し物足りない印象を持ちました。

SPFとPA値が高い日焼け止め

そこで友人が勤めているニュースキンの日焼け止めを使ってみることにしました。SPF50、PA++++と、効果は高そうです。

つけてみるとややベタベタした重めのテクスチャーで、少し苦手なタイプです。香りもけっこうあります。本当に長時間、日差しにさらされるようなシーンのみで、今は使用しています。

ニュースキンは日本ではあまり知られていませんが肌に安全な商品をうたっていますので、一度試してみるといいかもしれません。

サーフィン 日焼け止め としても人気

塗り直しが必要ない日焼け止め

顔には日焼け止め効果のあるCCクリームを塗ってから、リキッドファンデーションとパウダーで仕上げています。ドラッグストアで買うような値段のものですが、ふだん使いには十分だと思っています。
また今までは朝塗って、あとはそのまま1日過ごしていたのですが、最近は塗り直しを意識しています。腕や足ならまだしも、顔を化粧した上から塗り直しはできないので、スプレータイプのものに初めて挑戦しました。

効果はあるのかよくわかりませんが、とにかく手軽です。コーセーのUVスプレーですが、使い心地はいいです。匂いもあまり気になりませんし、携帯するのに便利です。気づいたときに気軽に塗り直せるのが、いちばんの利点だと思います。
いまはいろいろな商品がありますので、個人の体質や好みに応じてベストなものを選ぶといいのではないかと思います。